今日聴く音楽、明日活かす読書

読書メモや音楽鑑賞記録のためのブログです。

【My 読書】Kindle+図書館で

おはようございます。曇ってて涼しい@東京です。

今朝は、私の読書環境についてのエントリーです。読書の形態・方法などは、様々な対比が考えられますが、今日はさしあたって、

・本は「買う」派か「借りる」派か、

・「紙」の本か「電子書籍」か、

について書かせていただきます(もうタイトルに答えは書いてありますが)。

私の場合、本は基本的には「買いたい」と思っています。紙本であれば、傍線を引きながら読むのが習い性だからです。これ、図書館の本ではしてはならないことですから。

ところが、です。困ったことに本を置くスペースがなくなってきてしまいました。そうした制限もあってか、最近では「借りる」「電子書籍を買う」にシフトしています。紙本と電子書籍とで「買いたい!」と思った本については、電子書籍(ほとんどの場合、AmazonKindleでです)を購入しています。

電子書籍について言及される場合、紙本「か」電子書籍「か」という対立項として立てられることが多いかと思うのですが、私はこれらについては、「使い分けによる共存ないし併存」となると思っていますし、現にそうなりつつあるのではないかと思っています。

今日は、電子書籍の「欠点」を1つだけ挙げておきたいと思います。それは、「本棚」ができない・作れないということです。紙本であれば、100冊単位の背表紙が見える状態にありますが、電子書籍ではそれができません。背表紙が呼びかけてくるもの、というものがあると私は思うのです。

と、ここらが文を書く量の限界のようです。今回書けなかったことについては、また改めて書く機会を設けたいと思います。

 

乱読のセレンディピティ

乱読のセレンディピティ