今日聴く音楽、明日活かす読書

読書メモや音楽鑑賞記録のためのブログです。

【訃報】2日続けての悲しい知らせ

こんばんは。

先にごあいさつしたように、二つのブログを統合して、今回から音楽の話題についても取り扱おうと思っています。よろしくお願いいたします。

統合後の最初の記事は、カラマーゾフの2巻に進んだこと(あまり読めてはいない)だと思っていたのですが、長年親しまれてきた指揮者の訃報が2日続けて飛び込んできたので、それについて書いておこうと思います。

1.イルジー・ビエロフラーヴェク氏(1946.2.24~2017.5.31)

まず、金曜(6/2)に飛び込んできたのが、チェコ・フィルのビエロフラーヴェク氏の訃報でした。氏は、一度チェコ・フィルを離任しますが、再契約をし、レーベルも最大手のデッカに移籍しての再スタートを切りました。その成果の一つが、ドヴォルザーク交響曲全集です。とてもすばらしい全集ですので、機会がありましたら、ぜひお聴きになることをオススメします。今秋来日の予定でもあったそうです。大変残念です。 

Dvorak: Complete Symphonies &

Dvorak: Complete Symphonies &

 

 

2.ジェフリー・テイト氏(1943.4.28~2017.6.2)

そして昨日(6/3)には、続けてジェフリー・テイト氏の訃報が流れてきました。英国ロイヤル・オペラなどを指揮してきた氏の代表作と言えば、現・ワーナーのモーツァルト交響曲全集と、現・デッカのモーツァルト/ピアノ協奏曲全集(独奏:内田光子になるでしょうか。交響曲全集を聴きましたが、特に若い番号の曲が生き生きとした演奏だったと思います。

ピアノ協奏曲全集は、Amazonプライムミュージックで聴くことができます。英字で検索してみてください(tate uchida)。 

Mozart Complete Symphonies

Mozart Complete Symphonies

 

 

 

Piano Concertos

Piano Concertos