枝葉末節、プラスアルファ。

「ブログを書く」とはどういうことかについて、考えてみたいと思っています。

【ご報告】宇都出式速読法で2冊「読んで」みた

おはようございます。

既に書いているように、以下の本にあった「速読法」を試している最中です。 

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

 

 

これにならって、3冊本を読んで(というか「眺めて」)みました。1冊めについては、既にご紹介済みなので、今回は、2冊めと3冊めを併せて紹介いたします。 

つながる読書術 (講談社現代新書)

つながる読書術 (講談社現代新書)

 

 

この本については、読書体験をタテに深めるというよりは、ヨコに拡げるのにはどうしたらよいのかなと思って入手してみました(電子書籍)。ここでも、「読書メーター」さんに書いたコメントを付しておきます。

宇都出式速読術を意識して「読んだ」2冊目。Kindle版。見出し毎にマーキングしていったこともあってCD2枚分かかったが、あまり印象には残せていないらしい。読んだ本を共有する「読書会」は楽しいと思う。しかし、この本でも、電子書籍については申し訳程度にしか書かれていなかった。

書かれているように、2回めの通読があるかは微妙です。

もう1冊は、こちら。

始め図書館で借りた後、買って読んだ方がいいと電子書籍で購入。東大・京大・一橋・慶應などの難関大の入試問題から、それを解きほぐせると、その時代についての理解が相当深くされていると判断できるような難問が24題。もちろん「全滅」。何を問われているのかさえ、わからなかった(笑)もちろん、要再読。まだ「通読」に時間がかかりすぎている。まあ、(速読の)宇都出さんの言う「ストック」量が、決定的に不足しているからなんだろうなあw

 

佐藤優さんなどが、「高校入試レヴェルの教科書をマスターしていれば、相当な教養」と言っているのを実証しているような本。ただし、私には難しすぎた。要・再挑戦。