読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日活かす読書

読書メモや記録のためのブログです。

【寸評】どんな本でも大量に読める「速読」の本(宇都出雅巳)

こんにちは。

今日も1冊、読了できましたので、その寸評を書かせていただきます。その前に、「読書メーター」さんに書いたものを引用いたします。

いい本だと思う。目次・まえがき・あとがきを繰り返し読む、見出しを中心に、何度も流し読み(「理解する」ではなくて)をする。この「繰り返す」というのがポイントであると思った。日本の読書界(なんてあるのか?)は、完読主義・理解主義が強すぎる。そのアンチテーゼになっている。残念ながら、目標だった「電子書籍」での上手い読書法というのは書かれていなかった。電子版には、それについてのpdfファイルがダウンロードできるようにはなっている。忘れた頃に、また読みたい。

私もご他聞に漏れず、いわゆる「遅読」派で、新書であっても1週間から10日はかかってしまいます。「遅読」で困るのは、読むのが終わり近くになった時には、最初の頃に何が書かれていたのかがわからなくなってしまうということです。つまり、全体の理解度が大きく損なわれるということ。

なので!

というわけではないのですが、いわゆる「速読本」を買ってみました。

とはいえ、私は「速読」信者ではないのです。むしろ、忌避しているくらいです。なのにこの本を読んでみたのは、その「読書メーター」さんで信頼をおいているユーザさんの評を読んでいるからです。

その手順ですが、まず、

・目次、まえがき、あとがきをくり返して読む(15分くらい)+

・見出しを拾い読みするように全体を「見る」(15分くらい)の計30分程度。

大事だと思ったのは、1回の読みで、全体を「解ろう」とはしないこと。それよりも、何が書かれているかの把握に努めることが大切と解かれて「いると思いました。」

かなりスピードを上げて読んだので、精確な理解は及んでいないと思いますが、それはこの本にもあるように、「再読」に委ねたいと思います。

ところで、やはりというか、残念に思ったのは、「電子書籍」の上手い読み方が記事化されていないことでした。電子版の「附録」として、電子書籍の扱い方についてのpdfがダウンロードできるようになっていて、まだそれはよんでいないのですが、本文を読んだので、一旦「寸評」としてUpした次第です。 

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)