読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日活かす読書

読書メモや記録のためのブログです。

【寸評】錦繍(宮本輝)

再読ですが、何回目かはわかりません。たぶん、3回目か4回目になると思います。最初に読んだのは、就職して間もない頃で、友人からの影響でした。以来、宮本作品の新刊は、欠かさずに読んでいました。 しかし、あるタイミングで「飽き」がきちゃったんですよ…

【寸評】幸福論(アラン、1925年)白水社Uブックス版

おはようございます。昨夜読み上げた、アランの『幸福論』について、今日はご紹介しようと思います。 幸福論 (白水Uブックス1098) 作者: アラン,串田孫一,中村雄二郎 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2008/11/13 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 1回 …

【寸評】どんな本でも大量に読める「速読」の本(宇都出雅巳)

こんにちは。 今日も1冊、読了できましたので、その寸評を書かせていただきます。その前に、「読書メーター」さんに書いたものを引用いたします。 いい本だと思う。目次・まえがき・あとがきを繰り返し読む、見出しを中心に、何度も流し読み(「理解する」で…

【寸評】高校生からわかる社会科学の基礎知識(酒井峻一)

おはようございます。 今回ご紹介する本は、人から勧められてごく最近(4/2)読了したものです。これは、将来社会科学系の学部に進むことを志望している学生さんや、既に進学してしまった学生さん、特に、世界史を履修しなかった方々にオススメしたい本です…

【寸評】自分はバカかもしれないとしれないと思った時に読む本(竹内薫)

こんばんは。いや、「おはようございます」?? 昨日(3/21)、数日かけて表記の『自分はバカかもしれないと思った時に読む本』を読了しました。この本、実は元々は「14歳の世渡り術」というシリーズの1冊として出ているので、今さら読んでも「手遅れ」感が…