読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日活かす読書

読書メモや記録のためのブログです。

【寸評】社会学的想像力(C.W.ミルズ)

こんにちは。しばらくぶりのエントリーになってしまいました。 今日は昔取った杵柄で(社会学科に在籍していました)最近読んだ、20世紀アメリカのみならず、社会学全体の基本文献であり、古典である『社会学的想像力』について書いてみようと思います。 社…

【寸評】錦繍(宮本輝)

再読ですが、何回目かはわかりません。たぶん、3回目か4回目になると思います。最初に読んだのは、就職して間もない頃で、友人からの影響でした。以来、宮本作品の新刊は、欠かさずに読んでいました。 しかし、あるタイミングで「飽き」がきちゃったんですよ…

【ご報告】『錦繍』読み始めました。

こんばんは。 昨日1冊読み終わってから、何を読もうかと考えていて、先延ばしにしていた宮本輝さんの『錦繍』を読むことにしました。 錦繍 (新潮文庫) 作者: 宮本輝 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1985/05 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 166回 この…

【寸評】幸福論(アラン、1925年)白水社Uブックス版

おはようございます。昨夜読み上げた、アランの『幸福論』について、今日はご紹介しようと思います。 幸福論 (白水Uブックス1098) 作者: アラン,串田孫一,中村雄二郎 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2008/11/13 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 1回 …

【考え】電子書籍での読書について

こんばんは。 私は、Kindleの第7世代というのを使っていて、2年を越しました。ここいらで、「Kindle本(koboなど、他の電子書籍を含みます)と紙本とで読書する、メリットとデメリットをまとめておきたいと思います。まずはKindle本から。 Kindle本のメリッ…

【ご報告】速読・多読について

こんにちは。 数日前に、『どんな本でも大量に読める『速読』の本』(宇都出雅巳)を読みました。これが4/6(木)。この本は、乱暴に言うと、そのジャンルについての知識をストックして、「薄く塗る」のを何回かくり返して理解度を深め、「読書の速さ」も向上…

【考え】ブログタイトル「明日活かす読書」とは?

おはようございます。 最近では専らAmazonで買い物をしていて、「リアル本屋」に立ち寄ることも少なくなっているのですが・・・、最近はちょっとした「読書論」「読書術」ブームなのではないかと思っています。キイワードは、「教養」。「教養を身につけて」…

【ご報告】宇都出式速読法で2冊「読んで」みた

おはようございます。 既に書いているように、以下の本にあった「速読法」を試している最中です。 どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫) 作者: 宇都出雅巳 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2014/04/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログ…

【反省】超訳 日本国憲法(池上彰)

こんばんは。 前出の『どんな本でも大量に読める「速読」の本』の応用編・第1弾として選んだのは、池上彰さんの『超訳 日本国憲法』(新潮新書)。図書館から借りていて、たまたま手元にあったこととか、池上さんの憲法本はもう一冊読んでもいるからという理…

【寸評】どんな本でも大量に読める「速読」の本(宇都出雅巳)

こんにちは。 今日も1冊、読了できましたので、その寸評を書かせていただきます。その前に、「読書メーター」さんに書いたものを引用いたします。 いい本だと思う。目次・まえがき・あとがきを繰り返し読む、見出しを中心に、何度も流し読み(「理解する」で…

【寸評】高校生からわかる社会科学の基礎知識(酒井峻一)

おはようございます。 今回ご紹介する本は、人から勧められてごく最近(4/2)読了したものです。これは、将来社会科学系の学部に進むことを志望している学生さんや、既に進学してしまった学生さん、特に、世界史を履修しなかった方々にオススメしたい本です…

【図書館】3冊+1CD

こんばんは。 今日は普段使っている3区の図書館のうち、2区をまわって予約しておいた資料を受け取ってきました。ほぼ1か月ぶりの利用です。届いていたのは、新宿区でCD1点、中野区に図書1点の計2点でしたが、その場で見つけたものを1点ずつ借りたので、都合4…

【ごあいさつ】再スタートにあたって

おはようございます。 当ブログですが、編集方針を「読書」ネタに絞ることにいたしました。今までですと、 ・病気ネタ ・音楽ネタ なども大きな柱(というほど数は書いていませんが)だったのですが、もう少し生活の中心部分に読書を近づけたいと思っての変…

【読書メーターまとめ】3月度まとめ

3月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1624ナイス数:386思考の整理学 (ちくま文庫)の感想「グライダーしか操縦できないパイロットを養成」あたりで、もう拒絶反応。お酒を召し上がる方らしく、その例えが頻出していましたが、私には何が何やら…

【寸評】自分はバカかもしれないとしれないと思った時に読む本(竹内薫)

こんばんは。いや、「おはようございます」?? 昨日(3/21)、数日かけて表記の『自分はバカかもしれないと思った時に読む本』を読了しました。この本、実は元々は「14歳の世渡り術」というシリーズの1冊として出ているので、今さら読んでも「手遅れ」感が…

【ごあいさつ】ブログ、懲りずにまた始めます。

こんにちは。 以前にもブログはやっていたことがあるんですが、ちょっとしたことがあって、一時更新を停止していました。諸々、SNSも止めていたんですが、このたび「はてな」さんで復活させようと思い立ちました。 とりあえず、今回はそのご挨拶だけでもと思…