枝葉末節、プラスアルファ。

「ブログを書く」とはどういうことかについて、考えてみたいと思っています。

【検討中】2つのブログを統合しようかと思ってます。

こんばんは。

今日、無事に『カラマーゾフの兄弟』第1巻(光文社古典新訳文庫版)を読了できました。通院や体調不良で全く読めなかった日も含めて、8日かかりました。なので、残り(の方が多いのですが、)の4巻を6月中に読破することを、ひとつ目標として掲げたいと思っております。

で、本題ですが、私はもう一つ「はてなブログ」さんに現役のブログを置いてあって時々更新するんですが、これが全くアクセスがない。。。

こちらのブログの更新頻度と合わせても、たいした負担増になるわけではないので、この際、2つのブログを統合させてしまおうと考えている次第です。

仮のタイトルは「今日聴く音楽、明日活かす読書」です。

まあ、ほとんど「変える」つもりでいるわけなんですけどね(^o^)

【経過報告】カラマーゾフの兄弟・第1巻ほか

こんばんは。

Twitterアカウントの表示名を、「古典も読みたい新書好き」と変更しました、というのはさておいて。

昨日・今日(5/27~28)と、「14歳の世渡り術」シリーズ所収の『ときめき百人一首』(小池昌代さん)を読んでいました。 

ときめき百人一首 (14歳の世渡り術)

ときめき百人一首 (14歳の世渡り術)

 

 

マンガやアニメ、映画で評判になった、末次由紀さんの『ちはやふる』の影響です。これは図書館で借りたものなので、マーキングができなかったんですが、付箋使えばよかったんじゃん!と今にして思います。ぼくねえ、○○が好きなんだよね~、とか語れるようでありたかった(笑) 句集・歌集の類いは数冊持っていて、折に触れて好きなものを読む、というのはいいかもなあと思いました。 

ちはやふる(34) (BE LOVE KC)

ちはやふる(34) (BE LOVE KC)

 

 

百人一首を終えてからは、カラマーゾフ~をいよいよ読み始めました。三男・アレクセイが尊敬してやまないゾシマ老師の下で、父・フョードル、長男・ドミートリー、次男・イワン達が集って、いわば「家族会議」をこれから行う、というところまで読みました。まだ導入でしかないので、感想めいたことは割愛させていただきます。読む進めたら、また書こうと思っています。

 

 

【迷ってます】再読か、むしろ討って出るべきか?

こんばんは。

また間を空けてしまいました。今日はちょっと悩んでいることを書かせていただきたいと思います。もちろん、このブログは「読書」についてのブログなので、「悩み」というのも読書に関してです。

もう私も人生の後半期に入ってしまいました。そこで。

・今まで読んできた本を、もう一度読んでみる。

・今まで読まなかった(避けてきた)本にあたってみる。

のどちらがいいのかなということです。考えてみると、今まで新書、それも『○○入門』的な本を中心に読んでいたので、これからは、読んでこなかった本に敢えて挑戦していきたいと思っています。例えば、ドストエフスキーとか、ニーチェとか。ゲーテとかロック、ルソーなども読んでみたいですね、って、書く前から「古典」志向にシフトすることは決まっていたようですね。

で、読むのはたぶんKindle中心になると思います。もう本当に本をしまうスペースがないんですよ。なので、功罪はあるかと思いますが、Kindle読書が中心になると思います。

「迷ってます」と言いながら、むしろ決意表明のようになってしまいました。お許しください。

ということで、長らくKindle内で眠っていた、『カラマーゾフの兄弟』(亀山郁夫訳、全5巻)から手始めに読んでみようと思っています。読みたいと思っている本、一生のうちに読み終わるかな? 

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)