今日聴く音楽、明日活かす読書

読書メモや音楽鑑賞記録のためのブログです。

【読了】あの日、マーラーが(藤谷治)

おはようございます。

昨夜、藤谷治さんの『あの日、マーラーが』(朝日新聞出版、2015年8月刊)を読了しました。この「あの日」というのは2011年3月11日のこと。その日の午後7:30から、東京・錦糸町すみだトリフォニーホールで、マーラー交響曲第5番が演奏されました。指揮は既に「気鋭」を通り越して「マエストロ」の域に到達しようとしている、ダニエル・ハーディング。オケは、新日本フィルハーモニー交響楽団。聴衆は105人だったと聞きます。

本作は、この事実に基づいた、完全なフィクションであると著者は冒頭で述べていることを書き添えておきます。 

あの日、マーラーが

あの日、マーラーが

 

例によって、読書管理サイトである「読書メーター」さんに書いた私のレビュー(のようなもの)を貼り付けておきます。

傑作なのか、稚拙な作品なのか、よくわからないでいる。「あの日」の演奏会を、ドキュメントとして保存しておく方法もあったろうが、作者や編集者たちは、フィクションを残すことを選んだ。癪に障ったのは、登場人物の造形に、筆が流されていたところ。評論家を描くときとアイドルオタクを描くときでは、筆致が異なっていたなど。それでは、この本は読まれる価値はないのか。190ページの「芸術は人間が人間であるためにあるのだ。人間が人間であることを証明するために」。この一節のためだけでも、読む価値はあった。

今朝、このブログを書こうと思い立ったのは、「読書メーター」さんのレビューの文字数制限(255文字)では収まりきらないものがあったのではないかと、昨夜から考えていたからです。

まず、この本の内容に入る前に、補足として2012年3月10日にオンエアされた「3月11日のマーラー」について触れておこうと思います。この番組を見ていなかったら、まずこの本は読まなかっただろうと思います。

この番組は、「ドキュメント」として制作されたものです。関係者は当然、ご本人の名前で登場しています。番組は、若い楽団員が会場に向かう模様についての取材が1つの柱として構成されていました。

見た感想としては、よくあの状況で、会場内の映像が残されていたなということに着きます。

さて文中では、主として6人の老若男女の聴衆と、演奏側関係者が数名(当然指揮者も含まれています)が登場します。その6人が、どのような経緯で当日の演奏会に向かうことになったのかが描かれます。ここで残念に思ったのが、「読書メーター」さんでのレビューでも書いたように、登場人物の「キャラクターづけ」におもねるような筆致に流されてしまっているということです。

特に、「音楽評論家」と「アイドルオタク」の2人について、藤谷さんはそれぞれ「それらしい」人物像と文章を用意してしまいました。これは、過剰というべきなのか、「知っていること」を全て書きつけたかのような印象を受けてしまいました。

特に評論家については、テオドール・アドルノの『マーラー』や、ホロヴィッツスカルラッティなどをちりばめ、いかにもそれらしく「粉飾」しているように思われました。

しかしながら、会場で演奏が始まってからの臨場感は大したもので、藤谷さんは当日、その105名の聴衆の1人だったのではないかと思われるほどでした。

この日「にも関わらず」、予定どおりにマーラーを演奏したことについては、今も賛否両論があるかと思います。しかしながら私は、確か鷲田清一さんが述べていた、「人間がその生活をゼロから建て直す時に、アートはどう関われるのか」ということの一端が、この本には表現されていると思うのです。

 

「ニュース」が「歴史」に変わるとき

こんにちは。新しく「読みたい本」というカテゴリーを新設しました。どうぞよろしくお願いします。 

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)

 

 

今回取り上げたいのは、池上彰さんの『知らないと恥をかく世界の大問題』です。池上さんの本は、ともすると「賞味期限が短い」と言われることもありますが(言っているのは私なんですが)、少し視点を引いて、5年10年経ったものを読むというのはいいかもしれないと思ったことがありまして、これを改めて読んでみたいと思いました。

それは、Amazon系のAudibleというサービスの試用中にこの本の朗読を聞いたことがきっかけでした。ご存知のように、池上さんはわかりやすい「ニュース解説」の第一人者と目されています。この著が発表されたのは2009年。冒頭部分を聞きましたが、内容はリーマン・ショックオバマ氏へのノーベル平和賞授与等について述べられていました。

リーマン・ショックの歴史的なインパクトや、なぜそれを端緒とした世界恐慌を回避できたのかについては、まだまだ理解が乏しい(←お前、何歳だよ!)のですが、そうした「事件」「ニュース」も、今現在を強く規定する要因・伏流となっていることに気づかされます。つまり、事件やニュースも、5年10年経てば、歴史の一要因となって刻み込まれていることを思い知らされたのです。

歴史学でも、とりわけ現代史は価値判断が混入して、記述が困難であると言われています。また、ニュースの量とスピードはあまりにもありすぎるので、学的検討がなされるのには時間がかかる。

もちろん、それは承知の上でなのですが、ちょっと古い「最新ニュース本」を読むことで、自分自身の「世界史」の見方がアップデートできるのではないか。そんなことを感じながら、この稿を書いた次第です。

私は、どう働くべきだったのか?

こんばんは。というより、おはようございます?

今日は、来月買おうと思っている本をご紹介します。今月の予算は使い切ってしまったし、図書館で借りている本なども合わせると、読む時間もないので、来月回しということです。 

「働き方」の教科書: 人生と仕事とお金の基本 (新潮文庫)

「働き方」の教科書: 人生と仕事とお金の基本 (新潮文庫)

 

ひどい言い方になりますが、私は父から、何も学びませんでした。教えてもくれませんでしたから。敢えて言えば、将棋の駒の動かし方を教わったくらいです。

というのも、私は父方の家系では初めて大学に進学させてもらった身であり、両親は、そば屋(というより食堂)を営んでいたからです。父としても、「たぶん」サラリーマンを志望するであろう長男に、身をもって示せるものがないと、歯噛みをしていたのではないかと勝手に想像しているのです。

また、大学3年から4年に上がる春休みに、大きな精神的失調に陥り、早々に4年で卒業することをあきらめていたのです。ですので、まわりの友人たちと連れ立っての就職活動などはしませんでした。そもそも、就職活動って何?とも思っていましたし。まるで『何者』に出てくる若者のようでした。

いま、子どもがいれば就職活動をしているだろう年齢になって、人生の入り口に立った時、どんな知識やスキルがあることが望ましいのか。それを改めて知りたいと思い、この本を読んでみようと思い立った次第です。

 

 

わたしは、なぜブログを書けなくなったのかについて

こんばんは。「二つ星」です。名前を変えました。

というのは、ベストセラー小説『何者』の登場人物がTwitterで使っているハンドルと同じものを以前は使っていたからです。こっ恥ずかしい。

私は、2001年にニフティの「ココログ」でブログを書き始めてから、断続的にブログを書いてきたのですが、ここ1か月あまりはなかなか書こうという意欲が湧きませんでした。もう少し考えをまとめてから書いてみたいなと思っていることはあるんですが、ググって上の方に出てくる記事をまとめたり、コピペしているような、ライフハック的なブログには興味がない。

私は、私の中から、これにはどうしても、言葉という形を与えておきたいという衝動に突き動かされたのちに、文を書きたいと思っているのです。

それには、どうしても読んでもらいたい誰か、というものが必要なのかもしれません。この二つの、どちらか一方があってこそ、「書こう」とする衝動が生まれてくるのではないでしょうか。

ところが、今の私には、そのどちらもが欠如している。なので、なかなかブログを書いてみようという気にはなれないのです。我ながら、面倒くさい性格だなあと思っています。 

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

 

【My 読書】Kindle+図書館で

おはようございます。曇ってて涼しい@東京です。

今朝は、私の読書環境についてのエントリーです。読書の形態・方法などは、様々な対比が考えられますが、今日はさしあたって、

・本は「買う」派か「借りる」派か、

・「紙」の本か「電子書籍」か、

について書かせていただきます(もうタイトルに答えは書いてありますが)。

私の場合、本は基本的には「買いたい」と思っています。紙本であれば、傍線を引きながら読むのが習い性だからです。これ、図書館の本ではしてはならないことですから。

ところが、です。困ったことに本を置くスペースがなくなってきてしまいました。そうした制限もあってか、最近では「借りる」「電子書籍を買う」にシフトしています。紙本と電子書籍とで「買いたい!」と思った本については、電子書籍(ほとんどの場合、AmazonKindleでです)を購入しています。

電子書籍について言及される場合、紙本「か」電子書籍「か」という対立項として立てられることが多いかと思うのですが、私はこれらについては、「使い分けによる共存ないし併存」となると思っていますし、現にそうなりつつあるのではないかと思っています。

今日は、電子書籍の「欠点」を1つだけ挙げておきたいと思います。それは、「本棚」ができない・作れないということです。紙本であれば、100冊単位の背表紙が見える状態にありますが、電子書籍ではそれができません。背表紙が呼びかけてくるもの、というものがあると私は思うのです。

と、ここらが文を書く量の限界のようです。今回書けなかったことについては、また改めて書く機会を設けたいと思います。

 

乱読のセレンディピティ

乱読のセレンディピティ

 

 

【借りてきました】バックハウスのベートーヴェン・ほか

こんばんは。

私は「双極性障害」と診断されており、月に2回精神科に通院しています。その途中に図書館があって、帰りによく立ち寄ります。

立ち寄るといっても、予めオンラインで予約しておいた本やCDを受け取ったり返したりするだけなんですけどね。

今日も本を1冊と、CDを2組借りてきました。

本:京大現代文で読解力を鍛える(出口汪)

佐藤優さんが、方々で推薦されている本です。借りてみると、三部作の三作目でした。一作目が、『東大現代文で思考力を鍛える』、二作目が『センター現代文で分析力を鍛える』。どうせ読むなら、一作目から読みたいと思って、他区の図書館に置いてありましたので、早速予約しておきました。明日・明後日中には受け取りに行けるかと思います。

と、それ以上に気になった、というよりも「憤慨」したのは、何と蛍光ペンでマーキングしてあったことです。これにはすっかり読む気を削がれてしまいました。でもまあ、気を取り直して一作目が届くのを待つことにしました。 

京大現代文で読解力を鍛える

京大現代文で読解力を鍛える

 

CD(1):バックハウスベートーヴェン

CDが出たばかりの頃のことですが、私はこのウィルヘルム・バックハウスによるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集が発売されるのを心待ちにしていました(年齢がバレる)。先日久しぶりに取り出して聴いてみると、少しヒスノイズが目立つようになっていました。AmazonHMV等のサイトでは、リマスターされているものが発売されているとありました。

で、図書館を検索してみると、発行年が「1991年」でした。これは明らかに、私が持っているものよりも新しい。もしかすると、ノイズも改善されているかもしれない、という期待を持って予約し、借り受けてきたものです。下のリンクのものは、さらに新しいですね。 

CD(2):『オペラ座の怪人』ロンドン・キャスト盤

ミュージカルのナマの舞台を見たのは二作だけなのですが、近年のミュージカルは、映像化不可能だろうと思っていたことがありました。調べると、映画化されたのが2004年(!)。

映画はよく覚えていないのですが、音楽が好きで、しばしばサントラを聴いていました。

今回借りたのは、ロンドン公演のキャストによる収録盤です。2枚組。 

オペラ座の怪人【完全版】

オペラ座の怪人【完全版】

 

 

【訃報】2日続けての悲しい知らせ

こんばんは。

先にごあいさつしたように、二つのブログを統合して、今回から音楽の話題についても取り扱おうと思っています。よろしくお願いいたします。

統合後の最初の記事は、カラマーゾフの2巻に進んだこと(あまり読めてはいない)だと思っていたのですが、長年親しまれてきた指揮者の訃報が2日続けて飛び込んできたので、それについて書いておこうと思います。

1.イルジー・ビエロフラーヴェク氏(1946.2.24~2017.5.31)

まず、金曜(6/2)に飛び込んできたのが、チェコ・フィルのビエロフラーヴェク氏の訃報でした。氏は、一度チェコ・フィルを離任しますが、再契約をし、レーベルも最大手のデッカに移籍しての再スタートを切りました。その成果の一つが、ドヴォルザーク交響曲全集です。とてもすばらしい全集ですので、機会がありましたら、ぜひお聴きになることをオススメします。今秋来日の予定でもあったそうです。大変残念です。 

Dvorak: Complete Symphonies &

Dvorak: Complete Symphonies &

 

 

2.ジェフリー・テイト氏(1943.4.28~2017.6.2)

そして昨日(6/3)には、続けてジェフリー・テイト氏の訃報が流れてきました。英国ロイヤル・オペラなどを指揮してきた氏の代表作と言えば、現・ワーナーのモーツァルト交響曲全集と、現・デッカのモーツァルト/ピアノ協奏曲全集(独奏:内田光子になるでしょうか。交響曲全集を聴きましたが、特に若い番号の曲が生き生きとした演奏だったと思います。

ピアノ協奏曲全集は、Amazonプライムミュージックで聴くことができます。英字で検索してみてください(tate uchida)。 

Mozart Complete Symphonies

Mozart Complete Symphonies

 

 

 

Piano Concertos

Piano Concertos